卵巣がん…(>人<;)

2016年12月、お腹の膨らみや頻尿があり産婦人科を受診すると、卵巣腫瘍発覚。
8割良性と聞き、大丈夫だと思いきや2割の悪性にヒット。
卵巣がんの記録としてブログを始めてみようと思いました。

白血球が上がらない

地元の病院の最初に『卵巣腫瘍悪性の疑い』と診断した医師は3月で転院されて
お会いする事が出来ませんでした😧


少し振り返ります。〜地元病院での初診どきのやり取り
素早い対応とK市の先生との連携が良く、頼りになる先生でした。
『お子さんはいくつ?』と聞いてくれて、K市に通院、入院通院は大変だろう
から良性の可能性が高ければれば、ここでK市の先生を呼んで手術しましょうと
言ってくれました。ただ、悪性の場合は治療がK市でないと出来なくなるとも。
良性だと信じ、ここでお願いしますと頼みましたが、後日のMRIと腫瘍マーカー
結果が良くなくK市の病院へ紹介状を持って転院することとなったのです💦


地元に戻ってからの病院の主治医は女医さんでした。穏やかな先生で説明も
しっかりしてくれK市との先生と連携をとり抗ガン剤治療を行っていくので
安心感 もありました😌
TC療法は中止となり4月17日からDC療法で行うこととなりました。
白血球が低くグランシリンジ注射を通院して受け続けました💉
17日、入院準備をし採血を受けると白血球が下がっていて入院延期に😓
そこから毎週月曜に入院の荷物を持って、採血しては帰されるを繰り返す事に。
5月中はグラン注射を射っても一時的に回復するのですが、数日後には3000を
をきってしまいました。12800まで増え過ぎたと思ったら2200まで下がるなど💨


5月29日内科で血液検査をしましたが、貧血の治療が必要な事だけでした。
腹部エコーもしましたが異常なし。肝臓、脾臓が肥大すると白血球減少が起こる
場合があるそうです😨
念のため、飲み薬(ホルモン剤プレマリン)中止、サプリメント中止しました。
6月中は白血球が自然回復するのを待ちました。気持ちは焦っていましたが💦


内科医もいろいろ調べくれて血液腫瘍専門医にも相談してみたが異常は
無さそうで、もともと白血球が低いのだろうという結果になりました。
『専門医じゃないからあまり言えないのだけど』と前置きして内科医は
『白血球が低いのに副作用のリスクを背負ってやらなくてもいいんじゃない
かな?現状、手術で腫瘍部位は切除しているから、今すぐ必要な治療では
無い気がするけど?』若いフレンドリーな先生でした😅

私が、『卵巣が破錠していて腹水の癌細胞が陽性だったんです。抗ガン剤の
効きにくい癌なので再発すると厳しいと言われて。』と伝えました。
と言いつつも、やらなくてもいいならやりたくないけどねと思っていた😣


1ヶ月ほど空けた婦人科に戻って主治医ともお話をしました。なんとここでも
『白血球が低いので副作用のリスクも高く、抗ガン剤治療を続けるか辞めるかを
ご家族とも相談してきて下さい』と言われました😓
1週間悩みまくりましたね。ネット検索しまくりで、抗ガン剤経験者のブログを
たくさん読みました。ブログを始めてみようと思ったきっかけでした😌
結局の決め手は、旦那の『やってほしい』と即答だったこと。
確かに逆の立場なら、絶対にやらせただろうと。今まで死ぬかもしれないと
自分で考えたけど、死ぬかもしれない者を見つめる家族の気持ちは本当には
分かっていなかった。『家族は第2の患者』と言われますよね。
癌になったのが家族の誰でも無い自分で良かったと思いました。私なら乗り越え
られるとも思いました😆