卵巣がん…(>人<;)

2016年12月、お腹の膨らみや頻尿があり産婦人科を受診すると、卵巣腫瘍発覚。
8割良性と聞き、大丈夫だと思いきや2割の悪性にヒット。
卵巣がんの記録としてブログを始めてみようと思いました。

大阪 入院2回目 静注からの抗がん剤

北海道の自宅は無事に電気が復旧しました😊まだ物流が滞っているようで、食料品や日用品などは品薄状態のようです。

月曜からは学校も始まり少しづつ日常に戻れそうです。給食も出るそうなので、ほっ💨


私の治療の方は9/3から入院し、その日に採血をしてから腹腔内抗がん剤をしました。

9/4、次の日に始めての静注からの抗がん剤をしました。抗がん剤は5FUです。

卵巣がん標準療法では使わないようです。

72時間かけて入れます。2日目、3日目あたりは吐き気が少し出てきました😓

食欲も無くなり、寝て過ごす。

吐くほどではないけど、吐き気はしんどいですね💦抗がん剤が終わって次の日くらいには少しづつ食べられるように。

今後の副作用、何が起こるかドキドキします‥


嬉しい事に前回入院時、腫瘍マーカーは300代でしたが、今回二桁になっていました!

早くも効果が出ていて嬉しかったです⤴️

治療や副作用が辛くとも結果として出てくれたら頑張れます😌

北海道地震

9/3から、また大阪の病院に入院していました。9/4、台風が近づく中、付き添って来てくれていた夫はギリギリで関空から釧路空港へ帰る事が出来ました。その後に関空は台風の影響で水没してしまいました‥。

夫がこの日、帰れた事が本当に良かったです。

そして、台風は北海道を通過し、ほっとしたところへ地震が‥。

道東は震度3程度で被害はほとんど無かったようですが、停電したまま。

朝のニュースを見て、びっくりして夫や子供にラインしました。夜中の地震に気づいたようですが、また眠りについついたようです。

学校の臨時休校のメールを知らせました。


時間と共に、被害の深刻さ、電気の復旧の目処が立たない事など報道されています。地元に居ない自分には何も出来ず、心配するばかりです。夫が家に帰れていなかったらと、ゾッとしました。

電気の復旧には1週間かかると言う情報も。


週末には退院して北海道に帰れるはずが、大変な事となりました。

道内を旅行されている方々も不安と疲労で大変な思いをされている事と思います‥。

1日も早い復旧を願うばかりです。

大阪 退院 北海道へ帰る

7月22日に4回目の抗がん剤を無事終了し、25日の飛行機で北海道へ戻りました😌

気温30度以上の大阪から釧路空港へ着いた日の気温は15度💦涼しいを通り越して寒い😅

あいにくの雨でしたが空気は気持ち良く、帰って来たなぁと感動しました。


お昼ご飯、まっさきに肉が浮かびました!

「いきなりステーキ」へ行ってステーキを食べちゃいました笑

入院中の病院食は、なかなか喉を通らずでしたが、ステーキは美味しいし、米も美味しいしで、腸閉塞の心配も何処へやらでした😋

食べられる事の幸せ💕


家に帰り夕食を実家で、家族みんなで食べました。しゃぶしゃぶをしましたが、何より母の握った塩むすびが美味しくて美味しくて✨

北海道米の美味しさを実感しました。

これも病気にならなきゃ気づかなかった事ですね。当たり前がどんなに幸せだったか、気づけた私は幸せ者です。

帰って来られて本当に良かったです😊

人生は前向きに生きなきゃ損ですね💨