卵巣がん…(>人<;)

2016年12月、お腹の膨らみや頻尿があり産婦人科を受診すると、卵巣腫瘍発覚。
8割良性と聞き、大丈夫だと思いきや2割の悪性にヒット。
卵巣がんの記録としてブログを始めてみようと思いました。

みぞおちの痛み②

初の精神科受診。問診と血液検査と血圧測定、体温。
少し緊張していて血圧が高かったです😓看護師さんはとても優しかった。
他の科も見習って欲しい〜笑
夫も渋々、付き添いをしてくれた。ため息全開で〰💦


精神科の先生はとても低姿勢な方で、ちょっとびっくりでした。
独特な雰囲気感です。
痛むところを触診し、瞳孔を診ました。手を胸の前で伸ばしてと言い、伸ばすと
指先を見ているようでした。(ピクピクして緊張状態)
今度は立ち上がって、つま先をつけて姿勢を正して立って下さいと。
その次に目をつぶって下さいと言われとところ、とてもふらつきを感じました。
先生は
『痛みのあるところに自律神経が通っている場所なんです。自律神経が乱れて
いてふらつきなども起きているようです。』
私は納得しました。ずっと、ふらつきを感じていて婦人科の先生に伝えても
血液検査からは貧血も治っていて問題ないよと言われていました。
抗がん剤の後遺症なのかな?と思っていました。他にも、とても朝起きるのが
辛い日があって起きて2時間後には昼寝?しないと辛い日などが続いていました。
パートも始めたいのに、この調子じゃダメだなぁと💦
先生は
『薬で神経を鎮めることも出来るけど、あなたが楽しい気分で過ごすように
すれば自然に治りますよ。
一緒に暮らしている家族も、あなたの影響を受けて旦那さんやお子さんも同じ
症状になる場合があります。ご家族の理解のもと楽しい雰囲気で過ごして
下さい。希望があれば、薬も処方しますよ』
と言われました。
ひとまず、薬には頼らずに自然に治したい事を伝えました。
旦那、ムスッとしてて、聞いてるのかどうなのか?
帰ってからも、一悶着ありました‥😔


精神的な影響に自分自身が気づかないものなんですね。体に異変が出ていて心が
弱っている事に自分がやっと気づき、弱い心を認めて納得できました。
友人に『大丈夫!元気だよ!』と言うたびに、心に鎧を身に付けていました。
ほんとは、再発するんじゃないかって不安だったのに。
家族の前でも泣かないように過ごしてきました。


無理してる事に気づけない人は、どんどん心が疲弊して鬱になってしまったり
するのでしょうね。
精神科はどこもいっぱいのようで、新患の受け入れをしていないところもあり
ました。現代人はいろんな悩みを抱えて心をすり減らして、頑張り過ぎている
んですね💦自分の事を労りましょうね😢